扇子(読み)せんす

精選版 日本国語大辞典「扇子」の解説

せん‐す【扇子】

〘名〙 (「す」は「子」の唐宋音)
① 折りたたみができるおうぎ末広がり。《季・夏》
※太平記(14C後)三九「只来献の報酬とて、鞍馬十匹〈略〉(センス)三百本、〈略〉、高麗へぞ送り被著ける」
※俳諧・桜川(1674)夏二「風を出す通力えたるせんすかな〈一雪〉」 〔開元天宝遺事‐龍皮扇〕
② 結婚をいう女学生仲間の隠語。
※新時代用語辞典(1930)〈長岡規矩雄〉学生用語「扇子 女学生間で結婚のことをいふ。扇子は末広で子孫繁栄の意味があるからである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「扇子」の解説

【扇子】せんし・せんす

おうぎ。

字通「扇」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の扇子の言及

【扇】より

…扇子(せんす)ともいう。扇ははじめ涼をとるためのものであったが,のちには威儀にも用いられた。…

※「扇子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android