コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇子 センス

デジタル大辞泉の解説

せん‐す【扇子】

おうぎ。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

扇子【せんす】

(おうぎ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せんす【扇子】

おうぎ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扇子
せんす

」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扇子
せんす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の扇子の言及

【扇】より

…扇子(せんす)ともいう。扇ははじめ涼をとるためのものであったが,のちには威儀にも用いられた。…

※「扇子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

扇子の関連キーワードファンフォールド紙宮古路薗八(初代)ラ・ジャポネーズ嵐和歌野(2代)松島半弥(初代)お立ち台ギャル張り扇・張扇福田 源三郎落語の小道具ぱちつかせる安曇川〈町〉松井 恒治郎気忙しない松井恒治郎福田源三郎阿呆陀羅経水芸・水藝高島扇骨尾張万歳野だいこ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扇子の関連情報