養親(読み)ヨウシン

百科事典マイペディアの解説

養親【やしないおや】

病弱な子の無事な成長を願ってたてる仮親西日本が中心。期間は子の結婚までが普通で,子は実の親の場合と変わらない義理を果たすべきものとされた。もよりの老人に頼むものが多いが,なるべく貧乏な人や塩行商人を養親に選ぶ地方もあった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ようしん【養親】

親代わりとなって育ててくれた人。やしない親。
養子縁組によって親となった者。養父・養母。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やしない‐おや やしなひ‥【養親】

〘名〙 子をもらって養育する親。養い育てた親。育ての親。養父母。
※発心集(1216頃か)六「此やしなひ親(ヲヤ)夫妻ともに同時にあしき病をして失(うせ)侍にしかば」

よう‐しん ヤウ‥【養親】

〘名〙 養子先の親。養父、養母。やしないおや。
※民法(明治三一年)(1898)七二七条「養子と養親及び其血族との間に於ては養子縁組の日より」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

養親の関連情報