コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

館跡 たてあと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

館跡
たてあと

河川沼沢などに面する丘陵の自然地形を利用し,堀や土塁などを設けた小規模な (とりで) のことで,東北地方では「たて」「たち」と称する。その内部には,掘立柱址や竪穴住居址がみられることもあるため,日常生活の行われた場合もあった。東北地方,ことに北部東北地方に濃厚に分布しているが,中世から近世初頭にかけての在地土豪の分立が生み出した砦である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

館跡の関連キーワード秋田県南秋田郡五城目町兎品沢北海道檜山郡上ノ国町勝山岐阜県養老郡養老町大巻長野県上田市真田町本原鹿児島県鹿児島市山下町群馬県高崎市吉井町多胡埼玉県比企郡嵐山町大蔵兵庫県豊岡市出石町伊木滋賀県長浜市下坂中町鹿児島県鹿児島市中山北海道檜山郡上ノ国町松山城跡〈埼玉県〉佐賀県鹿島市高津原北海道函館市赤坂町栃木県佐野市豊代町滋賀県長浜市三田町山口県宇部市上宇部宮崎県都城市姫城町静岡県裾野市葛山大館跡〈秋田県〉

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

館跡の関連情報