饗膳(読み)きょうぜん

精選版 日本国語大辞典「饗膳」の解説

きょう‐ぜん キャウ‥【饗膳】

〘名〙 もてなしのためのにそろえた食べ物。ごちそうのさかな饗饌(きょうせん)
※参天台五台山記(1072‐73)四「三人同坐食当寺主人私房了。膳尽善窮美」
※太閤記(1625)五「何を以いなひ申候はんやとて、一両日饗膳よきに沙汰し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「饗膳」の解説

きょう‐ぜん〔キヤウ‐〕【×饗膳】

もてなしの料理の膳。ごちそうの酒やさかな。饗饌きょうせん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android