香村 宜円(読み)カムラ ギエン

20世紀日本人名事典の解説

香村 宜円
カムラ ギエン

明治〜昭和期の仏教学者



生年
明治13(1880)年12月1日

没年
昭和21(1946)年1月6日

出生地
愛知県

学歴〔年〕
東京帝大文科大学哲学科〔明治39年〕卒

経歴
生地の万福寺錬峰について得度。明治39年花園学院教頭となり、のち花園中学、臨済宗大への拡充につとめた。42年万福寺住職、44年妙心寺派高等布教講習所所長に就任。在学中は井上哲次郎の指導で東洋哲学、とくに因明理学を研究。著書に「東洋論理学史」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android