香湯(読み)こうとう

  • こうとう カウタウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 丁子香(ちょうじこう)などを入れた香りの良い湯。身を清めるのに用いる。
※本朝麗藻(1010か)上・四月八日灌仏時〈具平親王〉「香湯灌仏喜置悲。没後重看出世時」 〔元稹‐台中鞠獄憶開元観旧事詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香湯の関連情報