コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝麗藻 ほんちょうれいそう

4件 の用語解説(本朝麗藻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本朝麗藻
ほんちょうれいそう

平安時代中期の漢詩集。高階積善 (たかしなのもりよし) 撰。上下2巻。寛弘7 (1010) 年頃成立か。一条天皇時代の公卿の漢詩を集めたもの。上巻は首尾ともに欠けているが,春,夏,秋部にあたる 51首,下巻は山水,仏事,神祇,山荘,帝徳,法令,書籍,賢人,讃徳,詩,酒,贈答,餞送,懐旧,述懐の 15部から成り,約 100首の詩を載せる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

本朝麗藻【ほんちょうれいそう】

平安中期の漢詩文集。高階積善(もりよし)撰。1010年頃の成立。一条天皇朝の頃に活躍した代表的な詩人達の作品を集録する。全2巻。上巻は首尾を欠くが,内容的に春・夏・秋と配列してあり,四時部だったと推定され,51首の詩と3編の詩序が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうれいそう【本朝麗藻】

平安中期の漢詩集。高階積善(もりよし)編。1008‐10年(寛弘5‐7)ごろ成立。完本は伝わらないが,全2巻,約200首の規模。上巻は四季に部類されていたらしく,下巻は山水以下15部より成る。作者は具平(ともひら)親王,藤原伊周(これちか),大江以言(もちとき)ら一条朝寛弘期の詩人をほぼ網羅して36名に及ぶ。七言律の多いこと,押韻の類型性,平仄(ひようそく)のゆるみ,対句機構における弛緩,典故の凝固,句題詩への傾斜,虚題的世界の追求,などが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本朝麗藻
ほんちょうれいそう

平安中期、寛弘(かんこう)年間(1004~1012)の宮廷官僚詩人の漢詩文を集めた漢詩文集。撰者は高階積善(たかしなのもりよし)。上下2巻。ただし現存本は上巻の始めと終りを欠く。成立は、入集作品数上位の具平親王(ともひらしんのう)、藤原伊周(ふじわらのこれちか)、大江以言(おおえのもちとき)が1009年7月から翌年7月にかけて相次いで死去していることから、具平親王を中心とする3人の死を哀悼し、一条天皇の寛弘期漢文学の栄光を記念するという意図のもとに1010年7月の前後に編纂(へんさん)されたと考えられる。現存の詩数は150首、詩序は4編で、一条朝の詩宴の多さを反映して詩酒遊宴の作が全体の約3分の2を占める。類型的な表現が目立つが、繊細華麗で情趣的な花鳥風月を詠んだ作品も多い。[柳澤良一]
『川口久雄・本朝麗藻を読む会編『本朝麗藻簡注』(1993・勉誠社) ▽今浜通隆注釈『本朝麗藻全注釈』1・2(1993・1998・新典社) ▽柳澤良一・本間洋一・高島要注釈『本朝麗藻』試注1~7、『本朝麗藻 巻下』注解1~16(『北陸古典研究』1~7、9~24)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone