コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝麗藻 ほんちょうれいそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本朝麗藻
ほんちょうれいそう

平安時代中期の漢詩集。高階積善 (たかしなのもりよし) 撰。上下2巻。寛弘7 (1010) 年頃成立か。一条天皇時代の公卿の漢詩を集めたもの。上巻首尾ともに欠けているが,春,夏,秋部にあたる 51首,下巻は山水,仏事,神祇,山荘,帝徳,法令,書籍,賢人,讃徳,詩,酒,贈答,餞送,懐旧述懐の 15部から成り,約 100首の詩を載せる。全体に七律が多く,なかには詩序の長いものもある。全般的に形態に腐心しすぎ,気力に乏しいとされるが,平安前期にはみられなかったような表現もみえ,和臭を帯びてきていることがうかがわれる。作者は一条天皇,具平 (ともひら) 親王,藤原伊周 (これちか) ,藤原道長藤原為時ら。一条天皇時代の漢詩を知るうえに重要な資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

本朝麗藻【ほんちょうれいそう】

平安中期の漢詩文集。高階積善(もりよし)撰。1010年頃の成立。一条天皇朝の頃に活躍した代表的な詩人達の作品を集録する。全2巻。上巻は首尾を欠くが,内容的に春・夏・秋と配列してあり,四時部だったと推定され,51首の詩と3編の詩序が残る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうれいそう【本朝麗藻】

平安中期の漢詩集。高階積善(もりよし)編。1008‐10年(寛弘5‐7)ごろ成立。完本は伝わらないが,全2巻,約200首の規模。上巻は四季に部類されていたらしく,下巻は山水以下15部より成る。作者は具平(ともひら)親王,藤原伊周(これちか),大江以言(もちとき)ら一条朝寛弘期の詩人をほぼ網羅して36名に及ぶ。七言律の多いこと,押韻の類型性,平仄(ひようそく)のゆるみ,対句機構における弛緩,典故の凝固,句題詩への傾斜,虚題的世界の追求,などが特徴。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本朝麗藻
ほんちょうれいそう

平安中期、寛弘(かんこう)年間(1004~1012)の宮廷官僚詩人の漢詩文を集めた漢詩文集。撰者は高階積善(たかしなのもりよし)。上下2巻。ただし現存本は上巻の始めと終りを欠く。成立は、入集作品数上位の具平親王(ともひらしんのう)、藤原伊周(ふじわらのこれちか)、大江以言(おおえのもちとき)が1009年7月から翌年7月にかけて相次いで死去していることから、具平親王を中心とする3人の死を哀悼し、一条天皇の寛弘期漢文学の栄光を記念するという意図のもとに1010年7月の前後に編纂(へんさん)されたと考えられる。現存の詩数は150首、詩序は4編で、一条朝の詩宴の多さを反映して詩酒遊宴の作が全体の約3分の2を占める。類型的な表現が目立つが、繊細華麗で情趣的な花鳥風月を詠んだ作品も多い。[柳澤良一]
『川口久雄・本朝麗藻を読む会編『本朝麗藻簡注』(1993・勉誠社) ▽今浜通隆注釈『本朝麗藻全注釈』1・2(1993・1998・新典社) ▽柳澤良一・本間洋一・高島要注釈『本朝麗藻』試注1~7、『本朝麗藻 巻下』注解1~16(『北陸古典研究』1~7、9~24)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

本朝麗藻の関連キーワード藤原有国藤原斉信菅原宣義藤原輔尹藤原行成具平親王藤原広業藤原敦信源道済漢文学源為憲源孝道好風

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android