コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬の鈴草 ウマノスズクサ

デジタル大辞泉の解説

うまのすず‐くさ【馬の鈴草】

ウマノスズクサ科の蔓性(つるせい)の多年草原野や土手などに生え、葉は心臓形で先がとがり、臭気がある。夏、緑紫色のらっぱ状の花を開く。実は球形で、熟すと基部から六つに裂け、馬につける鈴に似る。漢方で根を青木香(せいもっこう)、果実を馬兜鈴(ばとうれい)といい、利尿鎮静薬に用いる。おはぐろばな。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うまのすずくさ【馬の鈴草】

ウマノスズクサ科のつる性多年草。葉はほぼ卵状披針形。夏、葉腋ようえきにらっぱ状の暗紫色の花を横向きにつける。果実は球形で熟すと六裂する。名は果実が馬の首にかける鈴に似ることから。根は青木香せいもつこうと呼び虫毒や蛇毒の解毒薬に、乾燥した果実は馬兜鈴ばとうれいと呼び鎮咳・去痰薬に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

馬の鈴草の関連キーワードウマノスズクサ科去痰薬暗紫色解毒薬蛇毒葉腋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android