コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬の鈴草 ウマノスズクサ

2件 の用語解説(馬の鈴草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うまのすず‐くさ【馬の鈴草】

ウマノスズクサ科の蔓性(つるせい)の多年草。原野や土手などに生え、葉は心臓形で先がとがり、臭気がある。夏、緑紫色のらっぱ状の花を開く。実は球形で、熟すと基部から六つに裂け、馬につける鈴に似る。漢方で根を青木香(せいもっこう)、果実を馬兜鈴(ばとうれい)といい、利尿・鎮静薬に用いる。おはぐろばな。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うまのすずくさ【馬の鈴草】

ウマノスズクサ科のつる性多年草。葉はほぼ卵状披針形。夏、葉腋ようえきにらっぱ状の暗紫色の花を横向きにつける。果実は球形で熟すと六裂する。名は果実が馬の首にかける鈴に似ることから。根は青木香せいもつこうと呼び虫毒や蛇毒の解毒薬に、乾燥した果実は馬兜鈴ばとうれいと呼び鎮咳・去痰薬に用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone