鎮静薬(読み)ちんせいやく

百科事典マイペディアの解説

鎮静薬【ちんせいやく】

主として大脳皮質の病的興奮を軽減・抑制する薬剤。不安,不眠,苦悶(くもん),疼痛(とうつう)などすべての興奮状態を除去する。以前は臭化カリウム,臭化ナトリウム,その他ブロムワレリル尿素などの催眠薬が使われていた。現在では,より安全なトランキライザーが用いられている。
→関連項目腟痙攣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんせいやく【鎮静薬 sedative】

緊張と不安を解き,また就寝時に眠りやすくするために用いる薬物の総称。大脳皮質を軽度に抑制すれば目的が達せられるので,通常,バルビツレート抱水クロラール,ブロムワレリル尿素,グルテチマイドメチプリロンなどの催眠薬が用量を減少して鎮静薬として用いられる。最近では,図のような薬物よりもベンゾジアゼピン系抗不安薬(クロルジアゼポキシドジアゼパムニトラゼパム,フルラゼパムなど)が鎮静の目的で用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎮静薬
ちんせいやく

大脳皮質の異常な機能亢進(こうしん)による興奮状態を和らげるために用いる薬剤。鎮静剤。不眠、不安、苦悶(くもん)、疼痛(とうつう)、けいれんなどの治療に用いられる。睡眠薬の少量投与が鎮静効果を有するところから、睡眠・鎮静薬として分類される。ブロム化合物(臭化カリウム、臭化ナトリウム、臭化カルシウム)およびカノコソウが代表的薬物であったが、現在ではほとんど用いられていない。睡眠薬のバルビツール酸系もこの目的でよく使用されたが、現在はフェノバルビタール以外はあまり用いられない。マイナートランキライザー(穏和精神安定剤)のベンゾジアゼピン系薬物その他の向精神薬が従来の鎮静薬にかわって主流となりつつある。生薬(しょうやく)ではパッシフローラエキスやその配合剤が新薬として使用されている。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮静薬の関連情報