コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮静薬 ちんせいやく

百科事典マイペディアの解説

鎮静薬【ちんせいやく】

主として大脳皮質の病的興奮を軽減・抑制する薬剤。不安,不眠,苦悶(くもん),疼痛(とうつう)などすべての興奮状態を除去する。以前は臭化カリウム,臭化ナトリウム,その他ブロムワレリル尿素などの催眠薬が使われていた。
→関連項目腟痙攣

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんせいやく【鎮静薬 sedative】

緊張と不安を解き,また就寝時に眠りやすくするために用いる薬物の総称。大脳皮質を軽度に抑制すれば目的が達せられるので,通常,バルビツレート抱水クロラール,ブロムワレリル尿素,グルテチマイドメチプリロンなどの催眠薬が用量を減少して鎮静薬として用いられる。最近では,図のような薬物よりもベンゾジアゼピン系抗不安薬(クロルジアゼポキシドジアゼパムニトラゼパム,フルラゼパムなど)が鎮静の目的で用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎮静薬
ちんせいやく

大脳皮質の異常な機能亢進(こうしん)による興奮状態を和らげるために用いる薬剤。鎮静剤。不眠、不安、苦悶(くもん)、疼痛(とうつう)、けいれんなどの治療に用いられる。睡眠薬の少量投与が鎮静効果を有するところから、睡眠・鎮静薬として分類される。ブロム化合物(臭化カリウム、臭化ナトリウム、臭化カルシウム)およびカノコソウが代表的薬物であったが、現在ではほとんど用いられていない。睡眠薬のバルビツール酸系もこの目的でよく使用されたが、現在はフェノバルビタール以外はあまり用いられない。マイナートランキライザー(穏和精神安定剤)のベンゾジアゼピン系薬物その他の向精神薬が従来の鎮静薬にかわって主流となりつつある。生薬(しょうやく)ではパッシフローラエキスやその配合剤が新薬として使用されている。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鎮静薬の関連キーワード振動障害(振動病/白ろう病)乳汁中への服用薬剤の排出医薬品中毒の症状と注意ブロムワレリル尿素中毒ベンゾジアゼピン中毒カノコソウ(鹿子草)フェノバルビタールニューロレプト麻酔催眠・鎮静薬中毒核太棗・酸棗スコポラミンバルビタールアンチピリン鉤葛・鈎葛食道神経症牡蠣・牡蛎たむしばアダリン馬の鈴草コデイン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮静薬の関連情報