コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬堂古羅 またごろう

朝日日本歴史人物事典の解説

馬堂古羅

生年:生没年不詳
文禄慶長の役(壬辰・丁酉倭乱1592,1597)の「投降倭」。本名は武田又五郎。対馬伊奈の郷士で,弟の又七(馬勘七)と共に「降倭」となって朝鮮側に協力。加藤清正陣営焼打ちなどの功績により,戦後,朝鮮国王光海君から冠服を賜って受職倭人として貿易を許される。

(田代和生)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

馬堂古羅の関連キーワード生年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android