コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駿河丸 するがまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駿河丸
するがまる

第2次世界大戦前,日本水産が所有していた日本最大のトロール漁船。 1938年進水,総トン数 991.75t。船の規模,諸設備など,漁船に関する当時の建造技術の粋を結集した船で,太平洋岸はもちろん,メキシコ方面まで広範囲の海に出漁し,単に漁獲だけではなく,各海洋の漁業調査にも従事。第2次世界大戦の際,軍用船として活躍中に沈没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

駿河丸の関連キーワード吉川氏城館跡

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android