コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駿河丸 するがまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駿河丸
するがまる

第2次世界大戦前,日本水産が所有していた日本最大のトロール漁船。 1938年進水,総トン数 991.75t。船の規模,諸設備など,漁船に関する当時の建造技術の粋を結集した船で,太平洋岸はもちろん,メキシコ方面まで広範囲の海に出漁し,単に漁獲だけではなく,各海洋の漁業調査にも従事。第2次世界大戦の際,軍用船として活躍中に沈没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

駿河丸の関連情報