コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騒騒し サイサイシ

デジタル大辞泉の解説

さいさい・し〔さゐさゐし〕【騒し】

[形シク]さわさわと音を立てるさま。
「光も無く黒きかいねりの、―・しく張りたる一かさね」〈初音
[補説]歴史的仮名遣いは、「さいさい(騒騒)」の派生語とみて、「さゐさゐし」とするが、新撰字鏡に「佐比々々之」とあるのが、この語だとすれば「さひさひし」とも考えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいさいし【騒騒し】

( 形シク )
さわさわと音を立てるさま。 「光もなく黒きかいねりの-・しく張りたる一襲かさね/源氏 初音

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

騒騒しの関連キーワード仮名遣い派生語ねり補説シク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android