骨までしゃぶる(読み)ほねまでしゃぶる

精選版 日本国語大辞典「骨までしゃぶる」の解説

ほね【骨】 まで しゃぶる

生き物の肉などを、をしゃぶるまで食いつくす。転じて、をみたすために、徹底的に他人を利用し苦しめる。
※高野聖(1900)〈泉鏡花〉九「意地の汚い下司な動物が骨までしゃぶらうと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「骨までしゃぶる」の解説

ほねまでしゃぶ・る

欲を満たすために、相手から徹底的に引き出す。「悪徳高利貸しに―・られる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android