意地(読み)いじ

精選版 日本国語大辞典「意地」の解説

い‐じ ‥ヂ【意地】

〘名〙
① 仏語。心のはたらきのうちの第六の意識。また、そのはたらきをなす器官としての意根。
※一遍上人語録(1763)下「衆生の意地をきらひすつるなり。三毒は三業の中には意地具足の煩悩なり」 〔倶舎論‐一〇〕
② 気だて。気性。
※玉塵抄(1563)一五「いぢがすねこわばりて、人なみなみにない者あるぞ」
③ 自分の主張や行動をおし通そうとする心。いこじ。がんこ。
※岩瀬本大鏡(12C前)三「心いぢにておはせし殿にて」
※李陵(1943)〈中島敦〉三「想像を絶した困苦・欠乏・酷寒・孤独〈略〉を平然と笑殺して行かせるものが意地だとすれば」
④ 物欲。食欲。→意地汚い
⑤ 創作する時の心の働き。創作をする時の心の使い方。
※九州問答(1376)「意地は強く柔かなるべし。当時の人常にするは、意地は弱く詞は強し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「意地」の解説

い‐じ〔‐ヂ〕【意地】

気だて。心根。根性。「意地が悪い」
自分の思うことを無理に押し通そうとする心。「意地を通す」「意地を折る」
物をむやみにほしがる気持ち。特に、食べ物に執着する心。「意地が汚い」「食い意地
句作上の心の働き。
「―によりて句がらの面白きなり」〈連理秘抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android