コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨腫瘍類似疾患 こつしゅようるいじしっかん

1件 の用語解説(骨腫瘍類似疾患の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こつしゅようるいじしっかん【骨腫瘍類似疾患】

 骨腫瘍類似疾患とは、はじめ骨に発生するものの、その性質がほんとうの腫瘍かどうかはっきりわからない病気のことをいいます。腫瘍に似た性質をもつことから、骨腫瘍に含めて扱われます。
 骨腫瘍類似疾患には、骨嚢腫(こつのうしゅ)(「骨嚢腫」)、線維性骨異形成(せんいせいこついけいせい)(「線維性骨異形成」)、好酸球性肉芽腫(こうさんきゅうせいにくげしゅ)(「好酸球性肉芽腫」)などがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

骨腫瘍類似疾患の関連キーワード骨腫瘍骨肉腫中皮腫ページェット病ユーイング肉腫骨腫冠動脈心疾患ガストリン産生腫瘍腫瘍発生胚細胞性腫瘍