コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好酸球性肉芽腫 こうさんきゅうせいにくげしゅEosinophilic Granuloma

家庭医学館の解説

こうさんきゅうせいにくげしゅ【好酸球性肉芽腫 Eosinophilic Granuloma】

[どんな病気か]
 骨腫瘍(こつしゅよう)によく似た病気(骨腫瘍類似疾患(こつしゅようるいじしっかん))の1つです。
 骨に単発性、ときには多発性の骨破壊(こつはかい)がおこる病気で、痛みをもって発症します。
 原因は不明ですが、組織をとって検査すると、組織球と呼ばれる細胞や白血球(はっけっきゅう)、とくに好酸球が出現しているのがわかります。
 よくおこる部位は、大腿骨(だいたいこつ)(ももの太い骨)や上腕骨(じょうわんこつ)などの長管骨(ちょうかんこつ)(大きくて長い管状の骨)です。
 そのほか、鎖骨(さこつ)、骨盤(こつばん)、脊椎(せきつい)などにもおこります。
 脊椎に発症した場合は、脊椎がもろくなるために、しばしばつぶれて扁平(へんぺい)になります。これはカルベ扁平椎(へんぺいつい)と呼ばれます。
 10歳未満の子どもに多くみられる病気です。
[治療]
 治療としては、骨破壊がおこっている部位をかきとる(掻爬(そうは))、ステロイド薬(副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬)を使用する、あるいは少量の放射線を患部に照射するといった方法が行なわれます。
 この病気は良性で、生命に対する危険性はありません。
 しかし、この病気と類似しているレッテレル・ジーベ病は、死亡率の高い病気です。
 また、同じような病気であるハンド・シューラー・クリスチャン病も治りにくい病気です。
 したがって、これらの病気とまちがえないように、診断には、十分な注意が必要です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典内の好酸球性肉芽腫の言及

【小児癌】より

…治療としては癌と同じように化学療法を行う。軽症例としてハンド・シュラー=クリスチャン病Hand Schüller‐Christian diseaseと骨の好酸球性肉芽腫とがあり,同一範疇(はんちゆう)の疾患と考えられている。
[診断と治療]
 小児癌は,発生数が少ないし,特有の症状はないので,診断できるかどうかは,それが癌かもしれないと疑うかどうかにかかっている。…

※「好酸球性肉芽腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

好酸球性肉芽腫の関連情報