コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線維性骨異形成 せんいせいこついけいせい Fibrous Dysplasia

1件 の用語解説(線維性骨異形成の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんいせいこついけいせい【線維性骨異形成 Fibrous Dysplasia】

[どんな病気か]
 骨腫瘍類似疾患(こつしゅようるいじしっかん)(骨腫瘍(こつしゅよう)によく似た病気)の1つです。骨腫瘍類似疾患のなかでは、骨嚢腫(こつのうしゅ)(「骨嚢腫」)についで多くみられる病気です。
 骨の組織の一部に、線維組織と幼弱な骨組織ができます。
 1つの骨におこる単骨性線維性骨異形成(たんこつせいせんいせいこついけいせい)と、2つ以上の骨におこる多骨性線維性骨異形成(たこつせいせんいせいこついけいせい)とがあります。
 多骨性線維性骨異形成と、皮膚のミルクコーヒーのような色をした色素斑(しきそはん)(しみ)およびホルモンの異常をともなう場合は、オールブライト症候群(しょうこうぐん)といいます。
 線維性骨異形成自体は良性の病気で、生命の危険はありません。
 しかし、多骨性の場合には、きわめてまれではありますが、悪性に変化して、肉腫(にくしゅ)(がんとはの「悪性腫瘍のいろいろ」の肉腫)などになることがあります。
 また、多骨性の場合には、骨が変形してしまいます。
 単骨性の病変がおこりやすい部位は、大腿骨(だいたいこつ)(ももの太い骨)と、脛骨(けいこつ)(すねの太い骨)です。
 多骨性の場合は、すべての骨に発生する可能性があります。
 この病気がよくおこる年齢は、10歳代、10歳未満、20歳代となっています。
[治療]
 単骨性の場合、痛みがなく、病的骨折の危険性がなければ、治療の必要はありません。
 痛みがある場合や、骨皮質(こつひしつ)が薄くなって病的骨折をおこす危険がある場合に、変化をおこしている部分をかきとり(掻爬(そうは))、そのあとに骨移植を行ないます。
 肋骨(ろっこつ)や腓骨(ひこつ)(すねの細い骨)など、切除しても運動機能にほとんど障害がおこらない部位であれば、手術して切除することもあります。
 多骨性の場合は、痛みのある部位、変形のひどい部位が、手術の対象になります。しかし、手術後に再発することもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

線維性骨異形成の関連キーワード骨腫瘍骨腫疾患何心地不死身プリマドンナ病は気から溶連菌感染症基礎疾患繊維腫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone