高串荘(読み)たかくしのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

たかくしのしょう【高串荘】

東大寺領の初期荘園。越前国坂井郡海郷にあった。現在の福井市西北郊,白方町付近に比定されるが,正確な位置は不詳。764年(天平宝字8)2月の〈越前国司公験〉によれば,同荘は左京六条二坊に本貫をもつ正八位下間人鷹養から銭33貫で東大寺が前年購入した高串芦原9町3段144歩と草屋2間,家地1町に始まる。当初の見開は7町2段144歩,未開2町1段であった。その後東大寺が荘園経営の強化を図った766年(天平神護2)10月の〈越前国司解〉には,串方村として見え,百姓墾田の買得口分田乗田の改正による荘域の一円化の結果が記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android