コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗田 じょうでん

4件 の用語解説(乗田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乗田
じょうでん

剰田とも書く。公田ともいい,令制において,位田職田賜田口分田墾田を除いた剰余田をいう。一般農民に賃貸し田地の4階級に応じて地子 (じし) を徴収した。班田制の崩壊により平安時代には消滅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょう‐でん【乗田/剰田】

律令制で、位田職田(しきでん)口分田(くぶんでん)賜田墾田などに割り当てたあとの余剰の田地。請願した耕作者に貸与し、収穫の5分の1を太政官に納めさせた。
中国、春秋時代魯(ろ)の国で家畜の飼育をつかさどった官の名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じょうでん【乗田】

剰余の田の意で,律令土地法下で口分田や位田,職田などを給した残りの田。公乗田という語の存在が示すように無主の公田を代表する田種で,国司の直接の管理の下に班田農民の賃租によって経営された。小作料にあたる地子稲は田品別の法定収穫量の20%で,国司の手で軽貨に交易されて太政官に送られ,官人に対する臨時の供給の財源とされた。乗田が全国的にどの程度の割合で存在したかは不明だが,740年(天平12)の遠江国浜名郡の例では,同郡の田1086町余のうち約16%弱に当たる170町余が乗田であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乗田
じょうでん

律令制(りつりょうせい)的土地制度のもとにおいて、口分田(くぶんでん)、位田(いでん)、職田(しきでん)(職分田)などを班給して残った田のことで、律令用語としての公田の根幹をなすものであった。それゆえに乗田は、口分田などの班給田を操作する場合の予備田であり、班田収授制の運営において調整的な役割を担うものであった。養老令(ようろうりょう)の規定によると、諸国の公田=乗田は国司の責任管理のもとに賃租経営(田地の賃貸借)を行い、地子(じし)(穫稲の10分の2)を徴収してこれを中央の太政官(だいじょうかん)に送り、太政官はこの公田地子をもって太政官内の雑用にあてることになっていた。賃租の責任は国司にありながら、その収益は国司のものにならなかったところに乗田経営の特色がある。[村山光一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の乗田の言及

【地子】より


[古代,中世]
 古代律令国家の土地国有制の下では,田地は輸租田,不輸租田,輸地子田に区別されていた。《延喜式》主税式の定めるところでは,位田・職田(しきでん)・国造田・采女(うねめ)田・膂力婦女田・賜田等の未授の間,および遥授国司公廨田(くがいでん)・没官田・出家得度田・逃亡除帳口分田・乗田(じようでん)が輸地子田とされている。乗田(口分田として班給した残りの田地のことで公田ともいう)についてみると,国家はこれを賃租に出し,一定の賃租料を収入としたのであり,《令義解》の田令公田条によれば賃は乗田を1年を限って売り,春にその値をとることを称し,租は人に与えて耕作させ,秋に稲を輸さしめるものであって,この輸稲を地子というと記されている。…

※「乗田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

乗田の関連キーワード園地公田口分田平方剰余公地公民私田偽籍雑色田授口帳滋賀県長浜市口分田町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乗田の関連情報