コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期荘園 しょきしょうえん

百科事典マイペディアの解説

初期荘園【しょきしょうえん】

荘園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

初期荘園
しょきしょうえん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の初期荘園の言及

【荘園】より

…現在では荘園=国衙領体制,荘園公領制などの用語も用いられ,諸学の協力の下に荘園・公領の実態を解明する努力が進められつつある。
[発生――初期荘園]
 荘は本来,本宅に対する別宅を意味し,倉庫などを含む建物をさす語で,律令制以前の田荘も家宅とそれに付属する田地であった。公地公民を原則とした律令制の下においても貴族の別宅,寺院の荘は交通の要衝など各所に設けられていた。…

※「初期荘園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone