コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東大寺開田図 とうだいじかいでんず

世界大百科事典 第2版の解説

とうだいじかいでんず【東大寺開田図】

8世紀の東大寺荘園絵図。原図表題には〈開田地図〉〈墾田地図〉と記す。現存27図中20図は正倉院所蔵で,そのうち17図が麻布,3図が紙本。寺外の7図は1図が麻布で原図。6図が紙本で写本と推定される。国別には,越中国17図,越前国4図,近江国2図,摂津職(国)2図,阿波国2図。成立年代別には,(1)天平勝宝3年(751)の近江国2図,(2)天平勝宝8年(756)の摂津職2図,(3)天平宝字2年(758)の阿波国2図,(4)天平宝字3年(759)の越前国1図,越中国8図,(5)天平神護2年(766)の越前国3図,(6)神護景雲1年(767)の越中国9図に分類される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東大寺開田図の関連キーワード藤原薩雄水沼村覇流村

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android