コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高井八穂 たかい やつほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高井八穂 たかい-やつほ

?-? 江戸時代後期の国学者。
江戸の人。本居宣長(もとおり-のりなが)の門下で,加藤千蔭,村田春海らとまじわる。天保(てんぽう)8年(1837)父宣風(のりかぜ)の和歌をあつめて「春雨集」を刊行した。通称は弥十郎,伊十郎。著作に「今古仮字遣」「古詞類題和歌集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高井八穂の関連キーワード国学者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android