高倉光守(読み)たかくら みつもり

  • 高倉光守 たかくら-みつもり

朝日日本歴史人物事典の解説

生年:生没年不詳
南北朝初期の廷臣。父は権中納言経守,母は藤原経業の娘。後醍醐天皇の五位蔵人として,元弘から延元年間(1330年代),天皇の綸旨を奉じていたことが知られ,官は勘解由次官,記録所寄人,右中弁などである。『職事補任』によれば,光守が蔵人に補されたのは元弘3(1333)年で,同年7月権左少弁に任じられ,右衛門権佐とみえる。とみられる経躬が,嘉暦1,2(1326,27)年ごろ38歳(一説に28歳)で没しており,そのあとを継いだものと推測される。壬生(小槻)匡遠の日記『小槻匡遠記』建武2(1335)年4月20日条に「左少弁光守」,同6月25日条に「右中弁光守」がみえている。

(相馬万里子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android