コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高出葉 こうしゅつよう

大辞林 第三版の解説

こうしゅつよう【高出葉】

異形葉の一。花に近い部分に生ずる鱗片状に変形した葉。苞ほうはこれにあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高出葉
こうしゅつよう

葉的器官の一つ。花や花序に関係してつくられる包葉、総包片のように、植物体の高い位置につくられるをいう。植物体または苗条(シュート)の下方につくられる低出葉に対する用語。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高出葉の関連キーワードサボテン異形葉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android