高北新治郎(読み)たかきた しんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高北新治郎 たかきた-しんじろう

1887-1968 明治-昭和時代の発明家,実業家。
明治20年1月10日生まれ。金物店ではたらき,のち農具の開発につとめる。大正2年犂(すき)の改良に成功し,製造を開始。昭和2年高北製作所の社長となり,高北式改良犂を朝鮮,台湾,満州(中国東北部)にも販売した。昭和43年11月12日死去。81歳。三重県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android