コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高向家主 たかむこの やかぬし

1件 の用語解説(高向家主の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高向家主 たかむこの-やかぬし

?-? 奈良時代の官吏。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年(752)東大寺大仏開眼会(かいげんえ)で唐散楽頭(とうさんがくのかみ),開眼師施使をつとめる。藤原仲麻呂追討の功により従五位下となり,南海道巡察使,治部少輔(じぶのしょう),筑後守(ちくごのかみ)を歴任。宝亀(ほうき)6年(775)従五位上にすすむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高向家主の関連キーワード阿刀酒主安努広島小治田諸人巨勢古麻呂佐伯毛人佐伯大成多治比鷹主多治比家主茨田王御方大野

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone