コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高周波誘導結合型プラズマ発光分析法

栄養・生化学辞典の解説

高周波誘導結合型プラズマ発光分析法

 元素定性,定量する方法の一つで,高周波プラズマで励起された原子イオンなどが基底状態に戻るときに出る輝線とその強さを利用する方法.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android