コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高周波誘導結合型プラズマ発光分析法

1件 の用語解説(高周波誘導結合型プラズマ発光分析法の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

高周波誘導結合型プラズマ発光分析法

 元素を定性,定量する方法の一つで,高周波プラズマで励起された原子,イオンなどが基底状態に戻るときに出る輝線とその強さを利用する方法.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone