コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高圧配電線 こうあつはいでんせんhigh voltage transmission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高圧配電線
こうあつはいでんせん
high voltage transmission

中小工場,商店,家庭などに電力を送る配電線のうち,電圧が 600~7000Vの範囲のものをいう。日本で一般に使用されている末端高圧配電線は,3300~6600Vである。これらは需要家の近くの適当な場所で,柱上変圧器などにより電圧を下げて用いられる。なお,ビル街などでは,これより高圧の特別高圧配電線 (2万~6万V) が用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高圧配電線の関連キーワード電力線搬送電力線通信高圧線碍子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高圧配電線の関連情報