配電線(読み)はいでんせん(英語表記)distribution line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

配電用変電所から需要家にいたるまでの電力線をさし,発電所から変電所などにいたる送電線と区別して用いられる。一般家庭などでは,これを電柱柱上変圧器に受け,さらに引込み線によって給電されるが,大口需要者は直接変電設備に引入れている。日本の高圧配電線配電電圧はほとんど 6.6kVであるが,近年 22~33kV配電が実施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

配電のための電線路。高圧配電線(高圧線)は,6.6キロボルトまたは3.3キロボルトの三相三線式が多い。低圧配電線(低圧線)は,家庭へは100ボルト単相二線式,工場へは200ボルト三相三線式で供給される。前者を電灯線,後者を動力線と呼ぶことがある。
→関連項目電力線搬送

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 配電用変電所から直接需要家へ接続する電線。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

フロッピーディスク

プラスチック製の円盤に磁性体を塗布し、それをジャケットに収めた記憶媒体。ディスケットとも呼ぶ。初期は5.25インチ、8インチなどの大きさのものもあったが、1980年にソニーが開発した3.5インチのもの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

配電線の関連情報