コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高庭荘 たかばのしょう

2件 の用語解説(高庭荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たかばのしょう【高庭荘】

因幡国高草郡(現,鳥取市)にあった荘園。756年(天平勝宝8)東大寺野占使(やせんし)平栄らが,国司と在地の豪族国造難磐(かついわ)の協力をえて占定した勅施入地に発する。その地積は67町9段余(ただし見開3町9段余)であったが,765年(天平神護1)墾田長国造難磐の売進田5町8段余を加えて73町8段余となった。しかし801年(延暦20)に至り,東大寺三綱は55町1段余を代価4000束で参議藤原縄主に売却し,803年には12町8段余が代価1000束で因幡守藤原藤嗣に売却された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高庭荘
たかばのしょう

因幡国(いなばのくに)高草郡の荘園。現在の鳥取市域内に比定される。東大寺領。756年(天平勝宝8)東大寺野占使平栄(やせんしへいえい)らが現地に赴き、国司(こくし)および在地の豪族国造難磐(くにのみやつこかついわ)の協力の下に占定した勅施入地(ちょくせにゅうち)に起源をもつ。全地積67町9段余(うち見開田3町9段余)に、墾田長(こんでんちょう)となった難磐の売却田5町8段余を加えて73町8段余であった。801年(延暦20)東大寺はこのうち55町余を代価稲4000束で参議藤原縄主(ただぬし)に、803年12町8段余を1000束で因幡守藤原藤嗣(ふじつぐ)に売却した。東大寺の手元に残った5町8段余のうち収益の見込める得田(とくでん)は2町に満たず、寺使を派遣して失地回復を図ったが失敗に終わり、10世紀末にはほとんど実質を失い荒廃の地となった。[阿部 猛]
『阿部猛著『日本荘園史』(1972・大原新生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高庭荘の言及

【因幡国】より

…国内中央部を北流して日本海にそそぐ千代川流域周辺は,大化前代以来因幡国の政治・文化の中心地をなしており,この地域には多数の前方後円墳が築造され,条里制遺構も顕著で,国府周辺の国分寺をはじめ古廃寺跡も多数存する。墾田長国造難磐(かついわ)の協力を得て営まれた東大寺領高庭(たかば)荘は,同川の下流左岸,湖山池との間の低湿地に位置した。国内の式内社は46社50座の多数を数え,国内唯一の大社である国府周辺の宇倍(うべ)神社は11世紀末ごろ因幡国一宮の地位を占めた。…

※「高庭荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高庭荘の関連キーワード因幡国鳥取市鳥取環境大学因幡山神話の里白うさぎ因幡浄成女古田貞山名勝豊いなばうたびと

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone