コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至り イタリ

デジタル大辞泉の解説

いたり【至り】

ある物事が最高の状態に達していること。極み。「感激の至り」「光栄の至り
ある物事の成り行きや結果。「若気の至り
心づかいやはからいが物事に及んでいる度合い。学問・思慮などの深さ。
「いみじう―ありける人にて」〈大鏡・伊尹〉
気がきいていること。粋(いき)でしゃれていること。
「見えぬ所に結構を尽くし、―というて珍重がるべし」〈浮・色三味線・一〉
《近世語》他の名詞の上に付いて複合語をつくる。
㋐ぜいたくを尽くした、上等な、の意を添える。
「杉焼きの―料理が胸につかへて迷惑」〈浮・永代蔵・四〉
㋑気のきいた、しゃれた、の意を添える。
「この頃の風俗とは、各別世界の―風(ふう)」〈浮・禁短気・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたり【至り】

物事の行き着く最高の状態。極み。 「汗顔かんがんの-」 「慶賀の-」
勢いのおもむくところ。結果。 「若気の-」
考えや配慮の行き届くこと。 「女の御おきてには、-深く、仏の道にさへ通ひ給ひける/源氏 御法
名詞の上に付いて複合語を作る。近世の用法。
趣向をこらした、極上の、の意を表す。 「 -染め」
程度がはなはだしいの意を表す。 「 -病やまい
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

至りの関連キーワードモンテコルビーノ御同慶の至り戯けを尽くす若気の至り今日今日と因って以て極み・窮み佳名・嘉名悲風惨雨端無くもぜぜくる冷泉為益冷泉為則黄泉平坂麻の如し五十音順御年の神鎮魂帰神抜かり浜街道

至りの関連情報