コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高炉炉頂圧回収発電装置 こうろろちょうあつかいしゅうはつでんそうちtop pressure recovery turbine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高炉炉頂圧回収発電装置
こうろろちょうあつかいしゅうはつでんそうち
top pressure recovery turbine

鉄鉱石から鉄を得るために用いる高炉から出る高圧力の高炉ガスを,ガスタービン発電機に導いて発電する方式。高炉ガスは燃焼させることなく,タービンに通され,タービン通過後には燃料ガスとして利用されている。鉄鋼業における主要な省エネルギー技術の一つである。 1990年には,日本の高炉の 83%に当たる 38基に導入され,その出力合計は 48万 kWとなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高炉炉頂圧回収発電装置の関連キーワード鉄鉱石

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android