高田 静雄(読み)タカタ シズオ

20世紀日本人名事典の解説

高田 静雄
タカタ シズオ

昭和期の砲丸投げ選手



生年
明治42(1909)年3月5日

没年
昭和38(1963)年12月10日

出身地
広島県

学歴〔年〕
広陵中中退

経歴
杉浦卯三に師事し、昭和2年から全日本陸上選手権砲丸投げで6回優勝。9年満州・大連で行われた日米対抗陸上競技大会で14メートル13センチの日本新記録を樹立、戦後の24年まで記録を保持した。11年ベルリン五輪に出場。20年原爆で被爆した後は写真にも情熱を燃やし、34年「聖なる道」が第1回全日本写真サロン特選となった。またローマ五輪のスポーツ写真展にも入賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android