コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高脂血症治療剤 こうしけつしょうちりょうざいlipid lowering drug

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高脂血症治療剤
こうしけつしょうちりょうざい
lipid lowering drug

動脈硬化症のおもな原因として,血中コレステロール量の増加および血管壁へのコレステロール沈着がある。そのため,コレステロール合成阻害剤 (トリパラノールなど) や呼吸阻害剤 (シストステロールなど) ,血漿リポ蛋白分解剤 (デキストロ硫酸) ,などが併用されている。治療は血漿総コレステロール 220mg/dl以下,LDLコレステロール 150mg/dl以下,中性脂肪 150mg/dl以下を維持することが望ましい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高脂血症治療剤の関連キーワードキッセイ薬品工業持田製薬三共

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android