コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高蛋白血症 こうたんぱくけっしょうhyperproteinemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高蛋白血症
こうたんぱくけっしょう
hyperproteinemia

血清中の総蛋白濃度が正常よりも高い状態をいう。頻度は高くなく,全患者の3~8%程度にみられる。原因としては肝硬変カラアザール,慢性炎症,リンパ腺腫などがある。ほかに,多発性骨髄腫,原発性マクログロブリン血症,アミロイドーシス,自己免疫疾患などによる高グロブリン血症もある。したがって,総蛋白量だけでなく,電気泳動法などでグロブリンの分画も検査して,原因を究明する必要がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高蛋白血症の関連キーワード血漿蛋白質

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android