コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己免疫疾患 じこめんえきしっかん autoimmune disease

翻訳|autoimmune disease

5件 の用語解説(自己免疫疾患の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己免疫疾患
じこめんえきしっかん
autoimmune disease

自分自身の体内の細胞を異物と認識したために自己抗体リンパ球が作られ,自己の細胞が攻撃されて起る組織の障害や病変。自己免疫反応の制御がきかなくなった状態と考えられる。全身性の自己免疫疾患としては全身性エリテマトーデス慢性関節リウマチなどの膠原病があり,臓器特異的な疾患としては糸球体腎炎自己免疫性溶血性貧血橋本病などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じこめんえき‐しっかん〔‐シツクワン〕【自己免疫疾患】

自分の体の構成成分に反応する抗体リンパ球を持続して産生してしまうために起こる疾患。慢性甲状腺炎溶血性貧血膠原病(こうげんびょう)など。自己アレルギー疾患。→免疫自己免疫

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

自己免疫疾患

 自己の抗原に対して抗体ができ,その結果組織障害を起こす疾患.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じこめんえきしっかん【自己免疫疾患】

自己免疫による疾患。橋本病、後天性溶血性貧血など臓器特異的なものと、関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなど全身性のものがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自己免疫疾患
じこめんえきしっかん

自己の構成成分に対して、その生体が免疫反応をおこす疾患。免疫はもともと、自分自身をつくっている細胞を自己(味方)と認識して守り、外から侵入してきた細菌やウイルスなどの病原体、および体の中にできた癌(がん)細胞などを非自己(敵)と認識して攻撃する役割を担っている。この制御システムを免疫学的寛容とよび、非自己を攻撃する反応を免疫応答とよぶ。ヒトの体には過剰な免疫応答を抑制する免疫チェックポイントが備わっているが、この免疫機構に異常が生じることによって自己免疫疾患がおきる。血清中に自分の細胞などを異物(自己抗原)と認識してつくられる抗体(自己抗体)が存在し、これが正常な細胞までを攻撃してしまうことが原因である。病変部位には免疫グロブリン沈着がみられ、また免疫グロブリン増加による高γ(ガンマ)-グロブリン血症がみられる。
 自己免疫疾患は、全身性のものと臓器特異性のものに分類され、全身性自己免疫疾患は、古くから知られる全身性エリテマトーデス(SLE)や関節リウマチ(RA)ほかの膠原病(こうげんびょう)に代表される。また特定の臓器に起こる臓器特異的自己免疫疾患は、消化器では自己免疫性肝炎、循環器で大動脈炎症候群、呼吸器ではグッドパスチャー症候群、腎臓では急速進行性糸球体腎炎、血液では自己免疫性溶血性貧血や特発性血小板減少性紫斑(しはん)病、皮膚では円形脱毛症、筋では重症筋無力症、神経ではギラン‐バレー症候群、ほかに特発性無精子症や習慣性流産など多岐にわたる。治療として、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)が有効に作用することも自己免疫疾患の特徴とされている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の自己免疫疾患の言及

【エリテマトーデス】より

…自己抗原としては,DNAのほか核成分が重視されている。したがって,自己免疫疾患,自己アレルギー性疾患,免疫複合体病,また関節痛をもつことからリウマチ性疾患の一つと考えられている。症状としては,特徴的な紅斑(SLEでは鼻鞍部でつながる両頰部に出る蝶形紅斑,DLEでは顔面および手足の指の先端部にみられる不規則な紅斑),38℃以上の突発的発熱,光線過敏症(紫外線過敏症),手足の指の先端が蒼白および暗紫色に変化するレイノー現象,抜毛,口腔内アフタ性潰瘍,胸膜炎や心膜炎に伴う胸痛,呼吸困難,精神病,痙攣(けいれん),視力障害,関節痛,腎炎の症状などがあらわれる。…

【グッドパスチュア症候群】より

…反復する肺出血と急速に進行する糸球体腎炎をおもな特徴とする比較的まれな病気。その原因は不明であるが,肺と腎臓に共通する抗体(抗基底膜抗体)によってひきおこされる自己免疫疾患であると考えられている。一般に若年男子にみられる。…

【自己免疫】より

…この寛容状態が破れて,自己抗原と反応する抗体やリンパ球が生じてくることがある。このような現象を自己免疫と呼び,それが引金となって起こってくる病気を自己免疫疾患と呼んでいる。表に代表的な自己免疫疾患を挙げる。…

【免疫】より

…すでに明らかなように,このように〈非自己〉に対する防衛反応が,誤って〈自己〉に向けられれば,〈自己〉を際限なく破壊するように免疫反応は進むであろう。事実,自己に対して免疫反応が発動して,さまざまな難病(自己免疫疾患)が起こることが知られている。また免疫機構に欠陥が生じれば,生理的な反応を起こすことができずに,生体は無防備状態になってしまう(免疫不全)。…

※「自己免疫疾患」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自己免疫疾患の関連キーワード自己概念自得自分自身免疫応答免疫力非自己放線冠ES(胚性幹)細胞制御性T細胞クッパー星細胞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自己免疫疾患の関連情報