コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高規格幹線道路網 こうきかくかんせんどうろもう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高規格幹線道路網
こうきかくかんせんどうろもう

高速走行ができる自動車専用道路網。第4次全国総合開発計画で提示されたもので,地方都市およびその周辺地域から1時間程度で利用できるように計画された1万 4000kmに及ぶ道路網である。内訳は,国土開発幹線自動車道が1万 1520km,一般国道の自動車専用道路が 2300km,本州四国連絡道路が 180km。課題は採算性の確保であるが,従来の公共事業方式,プール料金制高速道路建設のほか,地方負担導入も進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高規格幹線道路網の関連キーワード日本道路公団国道

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android