コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国土開発幹線自動車道 コクドカイハツカンセンジドウシャドウ

2件 の用語解説(国土開発幹線自動車道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくどかいはつ‐かんせんじどうしゃどう〔‐カンセンジドウシヤダウ〕【国土開発幹線自動車道】

高速道路高規格幹線道路)のうち、産業の立地振興・生活領域の拡大・全国的な高速道路網形成のため、国土を縦貫・横断する自動車専用道路国土開発幹線自動車道建設法に基づいて建設される。総延長1万1520キロメートル。国幹道。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国土開発幹線自動車道【こくどかいはつかんせんじどうしゃどう】

国土開発縦貫自動車道建設法(1957年)など六つの旧道路建設法を整理統合して成立した国土開発幹線自動車道建設法(1966年)により定められる道路。国幹道とも。すでに高速自動車国道に指定され完成している名神,東名高速道路等を含め,建設予定の30路線,約1万1520kmのうち7641km(2009年4月)が供用されている。
→関連項目中央自動車道道路

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国土開発幹線自動車道の関連情報