コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高額療養費支給制度 こうがくりょうようひしきゅうせいど

1件 の用語解説(高額療養費支給制度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうがくりょうようひしきゅうせいど【高額療養費支給制度】

医学・医術の進歩,医療機器の開発等により医療費の上昇が続き,医療費の患者負担も増加傾向にある。この患者負担を軽減するために高額療養費支給制度が各医療保険に設けられている。健康保険では(1)自己負担限度額を1ヵ月6万3600円(低所得者は3万5400円)としこれを超えた額,(2)同一世帯で1ヵ月の支払が3万円(低所得世帯は2万1000円)を超える患者が2人以上生じた場合,それを合算して6万3600円(同3万5400円)を超えた額,(3)同一世帯で1ヵ月6万3600円(低所得世帯は3万5400円)の支払が1年間で4回以上になった場合,4回目からの自己負担限度額を3万7200円(同2万4600円)とし,その超過額,(4)血友病等,高額で長期療養が必要な場合には自己負担限度額を1ヵ月1万としその超過額を高額療養費として全額支給することになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone