医術(読み)いじゅつ(英語表記)medicine; medical practice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「医術」の解説

医術
いじゅつ
medicine; medical practice

科学は明文化できるもの,技術は明文化できない部分を含むものという意味論に従えば,医学医書に記載できるもので,術は臨床が示しているように,なかばは明文化できないものといえる。しかし他の科学と異なり,経験が先行してのちに科学と合体したものを広義の医学とする場合は,医学と医術を medicineと総称しているように,両者をはっきり区分することはできない。ことに臨床面では,精神分析や,ストレス学説の提示によって,これと従来の内科学が合体して生まれた精神身体医学 psychosomatic medicineの発生や,医学の社会化の拡大により,看護師,検査室専門家,助産師など補助医的 paramedical領域の拡充は,医術に新しい分野を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「医術」の解説

い‐じゅつ【医術】

〘名〙 病気や傷を診察、治療する技術。〔続日本紀‐大宝三年(703)九月癸丑〕
※徒然草(1331頃)一二二「医術を習ふべし。身を養ひ、人をたすけ、忠孝のつとめも、医にあらずはあるべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android