コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高麗門 コウライモン

デジタル大辞泉の解説

こうらい‐もん〔カウライ‐〕【高麗門】

本柱2本と控え柱2本とからなる。本柱上に切妻屋根、控え柱上にも別に屋根がかかる。主として城郭の門に用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうらいもん【高麗門】

門の形式の一。本柱の後方に控え柱を立て、本柱が支える切妻屋根とは別に、これと直角に控え柱の上にも左右二個の切妻小屋根をかけたもの。城の門に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高麗門の言及

【城】より

…扉は鉄板や鉄鋲で補強され,安土城や大坂城の〈黒鉄(くろがね)門〉の名の由来となった。文禄・慶長の役後は,櫓門の前に高麗(こうらい)門と呼ばれる門が建てられ,櫓門とともに石垣の塀で囲った升(桝)形が完成する。(2)塀 戦国時代は土塀であったが,漆喰塗壁,下見板張り,瓦葺きに変わった。…

【升形(桝形)】より

…升形を虎口の内側に設けるのを内升形といい,これが通常の形式で,外側に設ける外升形は数が少ない。升形に二つの門を開き,外に面した一の門を2本の角柱で妻破風造の屋根を支える高麗門(多門)形式とし,より重要で堅固に造られる内側の二の門は,渡り櫓に入母屋造の屋根を載せる櫓門形式で造られるのが通常である。そしてこの二つの門は,必ず直角に配される。…

【門】より

…あるいは屋根のないものをいったのであったろうか。 高麗(こうらい)門(図9)は2本の門柱の上に冠木をのせ,腕木で桁(けた)を支え,切妻屋根をかけ,内方に控柱を立て,本柱と控柱の間にも切妻造の小屋根をかけ,門の扉をあけたとき雨にぬれないようにしたもので,わき戸を有するものもある。城の升形(ますがた)の前方の門はこの形式とし,後方の門は櫓門とする。…

※「高麗門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高麗門の関連キーワード升形(桝形)門(出入口)九州改進党土浦城膳所城見附

高麗門の関連情報