コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切妻 キリヅマ

6件 の用語解説(切妻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きり‐づま【切妻】

《「つま」は端の意》
切妻屋根の両端の、山形部分。切棟。
切妻造り」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

切妻【きりづま】

日本建築の屋根の一形式。本を半開きにして伏せたような両流れ形式のもので,の両端を切り落としたような形からこのようにいう。伊勢神宮出雲大社のような古い神社本殿に多い。
→関連項目入母屋春日造狐格子住吉造高塀造妻入本棟造屋根

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

切妻

屋根形状の一例。屋根の最頂部である棟から地上に向かって二つの傾斜面が山形の形状をした屋根。2面だけで屋根が構成される、シンプルな屋根形状であるため、ローコストで雨漏りの心配が少ない屋根形状といえる。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きりづま【切妻】

棟の線を頂として,その左右に四角形の面をふき下ろしてできる屋根の形。屋根が外壁面と交わるところにできる三角形の部分を妻と呼び,この妻のある側の壁を妻壁というが,切妻型の屋根では,妻壁部分が長く続く屋根を途中で切り落とした形になるのでこの呼名がある。軒桁と平行で同じ長さをもつ棟木(むなぎ)を設け,これから軒桁に向かって垂木を架けて,これに屋根をふくことによってできる単純な形式であり,古今東西を通してもっとも基本的な屋根の形となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きりづま【切妻】

「切妻屋根」の略。
「切妻造り」の略。
切妻屋根の両端の部分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切妻
きりづま

二つの同じ大きさの長方形の平面を合掌形に寄り掛けた屋根形式をいい、あたかも本をなかば開いて伏せたような形である。軒と棟との長さが等しく、隅棟(すみむね)(降り棟)もなく、寄棟(よせむね)、入母屋(いりもや)などに比べ単純な屋根形となる。古く銅鐸(どうたく)に鋳出された高床(たかゆか)家屋や伊勢(いせ)神宮正殿がこの屋根をのせており、竪穴(たてあな)住居はともかく、およそ地上に床を置く方形平面の建物が発生して以来、洋の東西を問わず現在までもっとも多用されてきた屋根形式である。切妻屋根をもつ建物において、軒と平行な面を平(ひら)、それと直角方向の面を妻(つま)とよび、主出入り口が平側にあるものを平入(ひらいり)、妻側にあるものを妻入(つまいり)の建物という。伊勢神宮正殿は平入、出雲(いずも)大社本殿は妻入である。切妻屋根では、妻側には傾斜した屋根の端(螻羽(けらば))が現れるだけで軒はないから、妻入の建物では出入り口の上にひさしを必要とする。これが社寺建築でいう向拝(こうはい)(後拝(ごはい)、階隠(はしがくし)ともいう)である。
 螻羽部分はまた破風(はふ)ともよび、その下の三角形の壁(妻壁)とともにしばしば意匠的に取り扱われる。ヨーロッパの古典建築ではペディメントpedimentといい、直線のほか破風を曲線または階段形につくることがあり、ときにはブロークンペディメントbroken pedimentと称して、頂点部分を欠き、そこに彫刻などの装飾物を取り付けることもある。日本の大邸宅などで車寄せの屋根に用いられる唐破風(からはふ)、千鳥破風(ちどりはふ)、起(むく)り破風(はふ)も切妻屋根の変形とみなされる。[山田幸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の切妻の言及

【民家】より

… 民家の外観的な特徴は,主として屋根の形式で分類される。まず屋根の形では,切妻(きりづま)造,寄棟(よせむね)造,入母屋(いりもや)造の種別がある。このような形式の屋根が一棟だけで構成されているものを直屋(すごや)と呼び,別棟が組み合わされる形式を西日本では角屋(つのや)と呼び,東北地方では曲り屋(岩手県など)や中門(ちゆうもん)造(山形県,秋田県など)と呼ぶ。…

【屋根】より

…その意味では,外敵から身を守る目的で壁を重視しているヨーロッパや乾燥地帯に比べて,日本の建築における屋根の重要性は高いといえる。
[屋根の形式]
 日本の木造建築における基本的な屋根形式は,切妻寄棟およびこの両者を合成した入母屋の三つであるが,軽微な建物では一方向に傾きをもつ片流れがよく使われるし,寄棟の特殊型である方形(ほうぎよう)も場合によって使われ,また,近年になって,鉄筋コンクリート建物の普及に伴って,水平な陸(ろく)屋根も数多く使われるようになった(図1)。 以上の6形式が基本的な屋根形式であるが,そのほかに,これらの形式を組み合わせたり,変形させた特殊な屋根形式もある(図2)。…

※「切妻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

切妻の関連キーワードダフ鱗文言を左右にする五角形左右に託す四角形四角錐四角柱朱引きオイラー‐ポアンカレの式

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

切妻の関連情報