高齢者医療確保法(読み)こうれいしゃいりょうかくほほう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高齢者医療確保法
こうれいしゃいりょうかくほほう

高齢者の健康の保持や医療の確保を図るために制定された法律。正式名称は「高齢者の医療の確保に関する法律」(昭和57年法律第80号)。旧称は老人保健法。2006年(平成18)の全面改正の際、法律名が変更された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高齢者医療確保法の関連情報