コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高齢者の医療の確保に関する法律 コウレイシャノイリョウノカクホニカンスルホウリツ

1件 の用語解説(高齢者の医療の確保に関する法律の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうれいしゃのいりょうのかくほにかんする‐ほうりつ〔カウレイシヤのイレウのカクホにクワンするハフリツ〕【高齢者の医療の確保に関する法律】

高齢者の適切な医療の確保を図るため、医療費適正化推進計画、保険者による健康診査前期高齢者に係る保険者間の費用負担の調整、後期高齢者医療制度の創設などについて定めた法律。昭和58年(1983)に施行された老人保健法の趣旨を踏襲しつつ発展させることを目的として、平成18年(2006)の医療制度改革のなかで全面的な改正が行われ、平成20年(2008)改正法の施行により法律名も現名に改称された。この法律により75歳以上(一定の障害のある人は65歳以上)の人を被保険者とする後期高齢者医療制度が新設された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高齢者の医療の確保に関する法律の関連情報