鬼拳(読み)おにこぶし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 オニコブシガイ科の巻貝。奄美諸島以南の潮間帯の岩礁にすむ。殻高約一〇センチメートルに達する。殻は厚質堅固の円錐形で、螺塔は高くとがる。螺層は七階で縫合は浅く、各螺層に結節があり、特に肩のとげはとがる。殻皮は淡褐色で帯黄白色の地に不規則な黒色の雲影がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android