コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結節 けっせつnodule

翻訳|nodule

4件 の用語解説(結節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結節
けっせつ
nodule

発疹の一つ。丘疹より大きいエンドウ豆大以上の皮膚の限局性隆起をいう。このうち丘疹に近い小さいものを特に小結節といい,きわめて大きいものは腫瘤あるいは腫瘍と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けっ‐せつ【結節】

[名](スル)
結び合わせること。
結ばれて節(ふし)となること。また、そのもの。
皮膚にできる発疹(ほっしん)のうち、丘疹(きゅうしん)よりも大きく腫瘤(しゅりゅう)よりも小さいもの。
解剖学で、盛り上がった肥厚部。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けっせつ【結節】

( 名 ) スル
結び合わせること。
結ばれて節ができること。また、その節。
〘医〙 皮膚や内臓組織にエンドウ・クルミ程度の大きさでできる隆起物ないし腫瘤。 「 -性紅斑」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結節
けっせつ

病理学に限らず、医学ではしばしば結節ということばを用いるが、一般に、比較的小さい、限局性で円形の病変を意味して使われる。その代表は、結核性病変の特徴である結核結節である。結核症tuberculosisの語源であるラテン語のtuberculumは「小さな結節」という意味である。結核菌が感染した局所に、滲出(しんしゅつ)に引き続いて網内系細胞、すなわち類上皮細胞が増殖し、多核の巨細胞(ラングハンス型巨細胞)を混じえて形成された肉芽腫(にくがしゅ)が結核結節であり、中心部が壊死(えし)(乾酪化)に陥ることが多い。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結節の関連情報