コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼草 オニクサ

デジタル大辞泉の解説

おに‐くさ【鬼草】

テングサ科の紅藻。本州中部以南にみられ、干潮線付近の波の当たる所に生える。高さ10~20センチ。細長く、枝分かれし、さらに細かい枝を多数つける。寒天原料とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おにくさ【鬼草】

紅藻類テングサ目の海藻。本州中南部の太平洋岸と八丈島・九州西岸などに分布。高さ約10センチメートルで、不規則に羽裂、暗紅色を呈する。寒天の原料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鬼草の関連キーワード京都国立博物館東京国立博物館ところてん浄土教美術地獄草紙餓鬼草紙高林陽一曹源寺笠塔婆病草紙六道絵暗紅色八丈島海藻分布六道絵巻餓鬼

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android