コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚卵状鉄鉱石 ぎょらんじょうてつこうせきoölitic iron ore

岩石学辞典の解説

魚卵状鉄鉱石

浅い海水起源の堆積性の鉄鉱石で,魚卵状構造を示すもの.鉱石は多量の鉄分を含むウーリス(oolith)で構成され,赤鉄鉱,菱鉄鉱,褐鉄鉱,鉄緑泥石(chamosite, thuringite, greenalite)からなり,マトリクスは方解石,菱鉄鉱,粘土質物質,コロイド状シリカで様々な量の有機物の破片を伴っている.初生的な魚卵状鉄鉱床には,米国アパラチアン地方のシルル紀のClinton鉱床,ニューファウンドランドのWabanaのオルドビス紀の魚卵状鉱床,英国およびアルサス-ロレーヌ地方のジュラ紀鉱床などがある[Cayeux : 1909, Hallimond : 1925, Park & MacDiarmid : 1964].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

魚卵状鉄鉱石の関連キーワード緑泥石ウーライト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android