コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮑の煮貝 あわびのにがい

1件 の用語解説(鮑の煮貝の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

あわびのにがい【鮑の煮貝】


山梨の郷土料理で、あわびを丸のまましょうゆ仕立ての煮汁で煮たもの。かつて、海に面していない甲斐国(山梨)に運搬する際、保存のためあわびを煮てしょうゆ漬けにしたことがはじまりといわれる。◇単に「煮貝」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮑の煮貝の関連キーワード串鮑豚骨芋串じぶ煮塩汁鍋土蔵焼干し鮑がん漬干しあわび貝焼き

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone