コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮑の煮貝 あわびのにがい

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

あわびのにがい【鮑の煮貝】


山梨の郷土料理で、あわびを丸のまましょうゆ仕立ての煮汁で煮たもの。かつて、海に面していない甲斐国(山梨)に運搬する際、保存のためあわびを煮てしょうゆ漬けにしたことがはじまりといわれる。◇単に「煮貝」ともいう。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android