コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煮貝 ニガイ

3件 の用語解説(煮貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

に‐がい〔‐がひ〕【煮貝】

貝の身を醤油で煮しめた料理。アワビでつくったものは山梨の名産。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

煮貝
にがい

山梨県の郷土料理。海から遠い山国の甲州地方では、江戸時代から明治初年にかけては、海の魚貝類をなまのまま食べることはできなかった。それで沼津辺のトコブシしょうゆ煮にして運んでいたが、のちにアワビにかわり、さらにサザエも用いた。交通が便利になってからは甲府その他の地方で煮るようになったが、独特の煮方で美味なので山梨名物となった。薄切りにして酒の肴(さかな)や飯の菜に好適であるし、これを主材にして野菜などを配し、いろいろな料理をつくる。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の煮貝の言及

【郷土料理】より

…(3)材料は他地方産であるが,その材料を用いて独特の料理に仕立てあげたもの。京都の芋棒,甲州の煮貝(にがい)などがこれである。(4)古く外国や他地方の影響をうけて成立し,その地方の伝統的な料理となったもの。…

※「煮貝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

煮貝の関連キーワード伽羅蕗桜煎り時雨煮醬油で煮染めたよう脹ら煮大和煮埋み豆腐雉焼野衾鰹の角煮

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

煮貝の関連情報